ジェイワンお問い合せ



複数の物件を見学する


住宅情報誌や折込チラシ、インターネットなどで間取りを見ていても、実物の住まいを見るとイメージが異なる場合があります。

複数の物件を見学して、その中から希望条件に近い物件を決めましょう。

100%希望通りという物件が見つかったらラッキーですが、そうでない場合いろいろと見学することにより、相対な判断ができます。





人が住んでいたり時間がなく見学できないときは?


基本的には部屋の中は必ず見て決めることをお勧めします。

殆どは空室の状態ですが、まだ入居されている方がいる場合には弊社立ち会いのもと
現在住んでいる方のご都合を聞き、プライバシーの侵害をせぬように気をつけて見学
をさせてもらいます。
また、別室で同じ仕様の部屋を見ることのできる場合もあります。

見学をしないで即決してしまうと、後々後悔することにもなりかねませんので、必ず
細部まで点検して納得できるまでご確認ください。
忙しい方は、ご家族や信頼のおける友人に代わりに見学にいってもらい、写真を撮って
きてもらって図面と照らし合わせるのもひとつの手です。



相場を念頭に置いて見学する


情報収集の際に調べた家賃相場を参考にしながら、実際の物件を見学して頂きます。
物件をいくつか見ていくと、同じような物件でも相場より高い・安いポイントがあるはずです。

新築で駅から近い、設備が充実などの好条件がそろっている場合には相場より高く、
駅から遠く、築年数が経過しているなどの場合は、相場より低くなることが多いです。



効率よく見学する


複数見たい物件がある場合は、事前にルートを決めて近隣はまとめて見学するなど、
計画的な見学予定をご提案させて頂きます。お勤めの方で週末のお休みしか住まい
探しができない場合でも、お客様のご都合を優先して対応致します。







不明点はどんどん質問しよう


弊社営業マンは不動産のプロです。
建物の構造や設備など、専門的でわからないことなどは遠慮せずに何でも聞いてください。

耐震性に影響する構造といった目に見えない部分は、住まいに重要なポイントです。
事前に住環境や建物の調査を第三者機関が行っている物件もありますのでご確認ください。



時間帯を変えて見学する


昼間に見学して気に入ったとしても、再度夜間に見るなど時間帯を変えて最終確認される事を
お勧めします。
夜には雰囲気や環境が変わる事もありますし、お隣りに住んでいる方も日中には殆どが不在
のためです。特に女性の場合は、夜の治安など周囲の環境チェックも重要です。

ただ、何度も同行頂くことは難しいと思いますので、弊社では可能な限りの現地・情報確認を
した上で、お客様に安心してご入居頂けるようにご紹介しています。



物件見学用チェックシート


部屋・管理部分のチェックポイント

    □ 部屋の広さは希望通りか?
    □ 適切な収納スペースがあるか?
    □ キッチン・バス・トイレなどの水回りの状況(排水に詰まりはないか)?
    □ キッチン・バス・トイレなどの水回りの使い勝手は良いか?
    □ 日当たりはよいか?
    □ 風通しはよいか?
    □ 騒音はないか?
    □ 悪臭はしないか?
    □ 建物は老朽化していないか?
    □ 壁のヒビ割れや汚れはないか?
    □ 扉や窓はスムーズに開閉するか?
    □ 季節によって寒暖の差はなさそうか?
    □ 携帯電話の電波は入るか?
    □ TVの映りはよいか?
    □ 共用部分の管理はよいか?
    □ ゴミ置き場があるか?管理状況はよいか?

周辺環境のチェックポイント

    □ 駅までの交通の便はよいか?
    □ 近くに商店街・スーパーはあるか?
    □ 窓からの眺めはよいか?
    □ 自然環境に恵まれているか?
    □ 近くに病院や医院はあるか?
    □ 図書館や公民館などの公共施設はあるか?
    □ 夜の治安はいいか?

    ダウンロードはこちら



    ここは忘れずにチェック


    間取り、立地条件が条件に合ったら、次は細かいチェックをしていきます。
    せっかく気に入った部屋なのにトラブル続きだった、なんてことにならないように
    気付いたことは弊社担当に何でも聞いてください。

    設備としては、壁紙、鍵、窓やサッシ、水回り、床など。また、流し台の下やタタミの
    状態などチェックしてください。
    入居前であれば殆どの場合、気になった点は大家さんに交渉する事もできます。

    ここでちゃんとチェックしておけば、ご自分の退去時にリフォーム代として請求される
    こともありませんので、立会いのもとチェックをしておきましょう。



    入居のお申込みに際して


    日本の場合、入居のお申し込みの際には連帯保証人が必要です。
    連帯保証人には両親、会社の上司、同僚、兄弟、親戚が適切です。

    最近は保証人が不要な物件も増えていますので、ご事情があればお気軽に相談してみてください。



    入居審査について


    気に入った部屋が見つかっても、すぐに住めるわけではありません。
    申し込みの後に入居審査が行われます。
    入居後のルールを守ってくれそうか、家賃はきちんと払えるかなどが主な審査内容です。

    入居審査には通常3日~1週間程度かかりますので、
    この間に契約時に必要となるものをご準備して頂きます。

    審査終了後、契約となります。



    今の部屋を出る日も決めておこう


    賃貸物件の解約はそれぞれの物件によって違いますが、
    通常は1ヶ月前に申し出るのが基本となっています。
    そこから逆算して引越しをする日を決めて頂くスケジュールがよいでしょう。

    のんびり構えて1ヶ月を1日でも過ぎてしまうと、1ヶ月分の家賃を余計に払うことになる
    こともあるので要注意です。

    引越しの日が決まったら、 それに合わせて引越しの準備を始めましょう。
    粗大ゴミを出す場合も、自治体や業者により1ヶ月以上前に申し込みが必要となる場合が有る
    のでご注意ください。

    また各種手続き、ガス・水道・電気・電話などの解約日も早めに設定しておきましょう。
    荷造りもこまめにしておくと後で慌てずにすみます。